NAME  : アマギセーラ

BIRTH:8/7

BLOOD : A

 

東京都を中心に活動するシンガーソングライター。

民族×ファンタジー×多重コーラスをメインジャンルに創作。

エモーショナルかつドラマチックなメロディに、

緻密で美しいアレンジを合わせたスタイルが特徴。

 

声優としても活動するほか、デザインやスタイリング、グッズの

プロデュースなどもこだわりをもって自ら手がけている。

研ぎ澄まされた感性から生み出される作品は、

不思議な魅力をもって人を惹き付ける。

Profile

Twitter_Social_Icon_Rounded_Square_Color
youtube_social_icon_red.png

Liner Notes

 

ここでは、アマギが日頃よく接しているひとたちから見た、「アマギセーラ」をご紹介します。

 

姉妹物語 ゆうき (音楽家)

 

透明感のある、伸びやかで力強いトーンと、深いビブラートが魅力です。

感受性の強いボーカルで、単なるパワーボーカルとも、一味違った印象を受けます。

 

姉妹物語の前作「空色の街」の主題歌「チューリングマシンとオラクル」では、とても気持ちを込めて盛り上がるDメロと、対照的に抑えたAメロを上手く表現してもらえたので、良い感じに落差をつけることが出来ました。

変拍子や目まぐるしい転調のある、とても難しいメロディーでしたが、上手く歌いこなしていたと思います。マイクのノリもとても良かったです。

休日はセーラ目覚ましと言う、アラームアプリを良く使って起きてますまれにオフにし忘れてて、平日に外で鳴ってしまうことも……。

上條晴行

 

アマギセーラというアーティストに興味がある。セーラさんはとても人間くさい人だ。凛としていて、イノセントな感情を忘れていない。大人になるにつれて、自分の感情に鎧を着せて自分を守ろうと人はしがちだけど、彼女はそんなことはしない。いつだって全力で応えてくれる。とても素敵な人だ。

人に出会うと何故かその人の幼少の頃の笑顔などが頭に浮かぶ。きっと今のセーラさんを構築しているのは、そんな子供時代の思い出、または決意、そして支えてくれた人達との約束。そんな温かい感情を感じさせてくれた。

 

私は一番ステキだなと感じたのは、自分のために唄うのではなくて、彼女が誰かのために常に一生懸命になり、そして、自身の持ち得る最大限を誰かのために届けようとしているところ。

自らの栄光や賞賛のためにセーラさんは動かない。常に原動力になっているのは、今立ち止まっている人だったり、悩んでいる人、震えている人。そんな人達のために歌を唄っている。

 

そんなエネルギッシュでやさしく、打算もなく秋のポカポカと雲一つない晴天のようなイメージを抱かせてくれる。

だからこそ、私は彼女に全幅の信頼を抱いている。そして、これからも友として共闘していきたい。そう決意させるだけの人物。

どんな逆境もその持ち前の明るさと笑顔、そして支えてくれる仲間たちと跳ね返して、今の曇った世界をぶち壊してくれることを期待している。

トミー・メグルワ (シンガーソングライター)

 

『アマギセーラ』~火の玉のような人間とは、まさに彼女のことを言うのであろう~

 

僕はシンガーソングライターとして、たくさんのアーティストに出逢ってきました。だから、一生懸命ココロを凝らしてその人に意識を向ければ、その人がどれだけの情熱、熱量を持っているかがわかります。

 

でも、彼女は。アマギセーラという人は、そんなことをしなくても、その熱量が漏れ伝わってくるのです。それほどに、彼女のポテンシャルは凄まじい。

 

音楽に対する想い。そして、その音楽によって、世界をどう照らしていきたいのか。

しっかりとしたビジョンを持つ彼女の歌声を聴いて、ココロ動かされない人はいないであろうと、僕はそう思って止まないのです。

 

ぜひ彼女の世界観に触れて、自分自身の魂の温度が高まっていくのを感じて欲しい。僕自身、そうであったように。

陸にゃご (シナリオライター、イラストレーター、写真家)

 

裏表のない人。思ったことや感じたことに素直にぶつかるせらさんの性格が、そのままクリエイティブに生かされてると思います。この積極性と尖り具合は、これからもぜひスパイスとしてあり続けてほしいです(*´∀`)

五十嵐優哉 (音楽家)

 

芯のある歌声と、自分を魅せることのできる可憐さを兼ね備えた素敵な人。 彼女にふさわしい旋律を探すため、僕は音楽を描いています。

千世 (漫画家)

アマギセーラさんには「ランプの灯」という創作ファンタジー漫画の宣伝動画を依頼しました。

彼女の仕事ぶりを3つ言葉を選んで振り返るなら
「速い、真摯、聡明」です。

作品の本質を汲み取る力がとても強く、レスポンスも速いので、とてもスムーズにお話が進みました。

その上で、言われたことにただ無難に応えるのではなく 「自分はこの作品に対してこう思う、ここが好き。動画はこうしたら良いかもしれない」とい
うアマギセーラさんならではの感性をしっかりと伝えて下さるので、創作者として大変刺激を受けます。

共に創るからこそ生まれるものを目指して下さったと感じています。

作詞作曲歌唱、しっとりとした透明感ある歌声から主人公の少年のキャラボイス、作品とのコラボレジンストラップ作りを担当という多才さを見ました。

良い仕事をして下さって大変感謝しています。

本当にありがとうございます。
アマギセーラさんにお願いして良かったです。
これからの活躍も期待しております!

藤村阿智 (ギャグ漫画家、イラストレーター)

 

パンダを愛で、パンダのことなら本気で怒るアマギセーラ。つまり何がいいたいかというと、愛のこもったかわいらしい歌声と、芯のしっかりした骨太な心意気が同居した女性であり、それらはすべて彼女の作品に向かう姿勢でも感じ取ることができる!ということなのである!

Chloe Anise (マルチクリエイター)

 

僕からアマギさんはなんというか、お姉ちゃんみたいな存在です。

優しくて、明るくて。それでいて自分の意見も言う時は言う。こんな大人になりたいなぁと思います。

 

そんな彼女の性格はアマギさん本人の声にも現れており、芯の通った力強い、自分の正義を貫き通す声。その声を武器にしてBlaite Recordsのゲストボーカルとしてもがんばってくれています。

 

頑張り屋さんなので体を壊さないか心配ですがいつでも元気いっぱいなアマギさんの姿を見てるとそんな心配もいらないかなぁなんて思います(笑)

これからも応援してます!がんばれ!セーラ姉!

Copyright © 2014-2020 Sera Amagi All rights Reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now